2009年01月07日

110周年アニバーサリー

20090101065712.jpg

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。村越です。

私たちアイジーコンサルティングは、
今年創業から110周年のアニバーサリを迎えます。

【当社HP(http://www.ig-consulting.co.jp/index.html)にて110年の歩みをご紹介しています。】

シロアリの消毒工事耐震診断など、

積み重ねてきた歴史の重さと技術の高さを改めて感じています。


年が明けて気持ちも新たに、

明日からもまた元気に床下の検査に行ってきます。

写真は焼津の海から見た初日の出です。
posted by bristo_shizuoka at 18:52| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

耐震診断しましたか?

みなさんこんばんは。

最近は午後になるともう風が冷たくて、

秋から一気に真冬になったような感じがします雪


静岡店ブログの(実は)管理人、村越です。

最近私が伺ったお宅で、耐震診断を希望される方が多くいます。

当社の耐震診断士の現場ブログを見てくれている方もいらっしゃって、

耐震強度はずっと気にはなっているんだけど、と言われました。


床下の検査シロアリの消毒をしっかりやることも大切ですが、

自分の住んでいる家がどれくらいの強さがあって、逆にどこが弱いのか。

知っておく事もとても大事だと思います。


本日からトップページの装いも新たになり、

寒々しくもメルヘンな風景になりました。

しかし、寒さに負けない様に、明日もまた床下に潜ってきます。


それではまた次回。村越でした。
posted by bristo_shizuoka at 20:04| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

明日も床下に潜ります!

みなさんこんばんは。床下点検はお任せを。Mです。

今回のテーマは『誇り』

ホコリまみれネタをやろうと思ったらすでに掲載されていましたバッド(下向き矢印)


まぁ気を取り直して。

冒頭にもありましたが、私は日々床下の点検をしております。

最近では月に50軒弱は床下に潜っています。

シロアリの被害と遭遇することもありますが、

他にも不快害虫と呼ばれる類や蛇の抜け殻なんかもしょっちゅう。

それこそすぐにホコリまるけです。


そんな場所での大変な仕事ではありますが、

我が社の社長が以前「誇りがあるから埃にまみれられるんだ」と

言っていました。


家ってそこに住んでいる誰にとっても大切なものですよね?

家の床下という誰もが入れる場所ではないところで、

住んでいる人にとって大切な家を守る大事な仕事をしている。

それだけでこの仕事を誇らしく思える充分な理由だと思います。


だから

明日も頑張って潜ります。


大事な家を守りましょう。

耐震診断士の生の声シロアリ防除の現場の声はこちでチェックひらめき
posted by bristo_shizuoka at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

外壁の意味

みなさんこんばんは。床下点検はお任せを。Mです。


私達のする点検は、床下での湿気シロアリの点検だけではなく、

室内や外回りも見ていきますが、今日はその外回りの話をします。


外回りで誰でも一番に目に付くものの1つが外壁だと思いますが、

カラフルに塗装されている家、壁にコケの生えている家、

雨の流れた跡が残っている家、細かいヒビの入ってしまっている家。

色々あるかと思います。


外壁塗装することによって色を変え、

我が家に新しい化粧を施してあげられることもメリットですが、

ヒビを覆ったりコケを洗い流したり。

家を長持ちさせるメンテナンスの意味でも大切なことですよね。


「訪問販売の人がよく来るの。気にはなっているけど、

でもどこに頼めばいいのかしら・・・」

気になっている方、こちらまでご相談下さい。

耐震現場blog、 シロアリ消毒blogはそれぞれクリックして御覧下さい。
posted by bristo_shizuoka at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

ファミリートレーニング

 こんにちは、店長のSです。
 私は、昨日、一昨日と泊りがけの研修に行ってきました。久々の研修でした。そこでやったのは会社の「ファミリートレーニング」なるものです。
 ファミリートレーニングとは同じ部内とか課内など、一つの職場を単位にして実施する教育訓練のことです。職場の風土(風潮、雰囲気)や、構成メンバーの意識・行動について、アンケートによる職場診断を実施します。たとえば、次のような質問をします。

雰囲気は暖かく活気があふれているか。
言いたいことが率直に言いやすい雰囲気か。
仲間の意見を互いに傾聴し合っているか。
互いに援助し合い励まし合っているか。
お互いの持ち味を活かし合っているか。

など
次に、この職場診断の結果をメンバーにフィードバックするためのミーティングを開きます。1泊2日の合宿などがよく行なわれています。そこでは、診断の結果を題材にして、職場の問題解決や目標設定などを話し合います。

たとえば、次のような要領です。

我々の職場が当面している問題点は何か。
職場に期待されている任務・役割は何か。
当面、重点的に取り組むべきことは何か。
なにを、どれだけ、いつまでにやるべきか。
各自が果たすべき任務・役割は何か。
一人ひとりは具体的に何をしたらいいのか。
 ファミリー・トレーニングは、アメリカの行動科学の理論と方法をベースにしています。マグレガーのY理論や、ハーズバーグの職務充実論、リッカートの媒介変数理論などにもとづいて、メンバーの意識や行動を変革し、職場風土を活性化して、働きがいのある職場に変革していくことを目的としています。

 会社の問題点を書き出すことは、非常につらく、難しいものです。なぜなら基本的には自分にあまくなるためです。

 今回の研修では管理職が真剣にひざをつめて「我々のアイジーコンサルティングがどのようにすればよくなるのか」を話し合ってきました。
 
 アウトプットもでたので今後のアイジーコンサルティングに期待してください!!

 そんな会社のサービスはこちらです。

 大好評!耐震診断士ブログはこちらです。
posted by bristo_shizuoka at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

怪しい業者に注意

ここ最近はあまり聞かなくなりましたが、突然訪問してきて
「床下調査をさせてください」というのは、やはり怪しいのです。
我々は、床下点検するときは、名札や名刺を必ず出します。
そして、前もってアポイントを取ってから行動します。
例えば
外壁や屋根なども突然訪問してやってくださいと訪ねてきます。
そういうときは、強い意志をもって「家はいいです」と断りましょうふらふら
でもやっぱり言われると心配になりますよね。もうやだ〜(悲しい顔)
そんなときは我々にお任せください
いろいろやってますので→こちらまで
posted by bristo_shizuoka at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

はるかのひまわり育て始めました!

シロアリ耐震補強マニアのみなさまこんにちは。
耐震アシスタントの杉山です。

遅ればせながら、この春、私たちは素敵な出逢いをしました。

◆◇◆ はるかのひまわり ◆◇◆

ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが
簡単にご説明させていただきます。

********

平成7年1月17日午前5時46分、阪神淡路大震災
この日、当時小学6年生の加藤はるかさんが、
倒壊した家屋の下敷きとなり命を落としました。

震災から半年後、彼女の自宅があった空き地。
驚いたことにそこに無数のひまわりの花が、
力強く太陽に向かって咲きました。
近所の人はこのひまわりに勇気づけられ、そしてこう呼びました。
        
はるかのひまわり

そして12年経った現在、
このひまわりの種は日本全国はもとより
世界各地の被災地に届けられ大きなたくさんの花を咲かせ、
人々に勇気と希望を与え続けています。

********


という実話です。

私たちは
阪神大震災の教訓を忘れずに現在の防災対策に生かす」
という想いをこめ、この活動に賛同し、
ひとりでも多くの方々にこの種をプレゼントしたいと考えています。

そこで!その はるかのひまわり を育て始めました!

ひまわり1.JPG


ひまわり2.JPG

この種はガーデニングショップやペットショップで
購入してきた種ではありません。

はるかちゃんの、そのご家族の、地域の皆さんの、
震災で辛い思いをした大勢の被災者の
そして、もうこんな被害は繰り返したくないと思う皆さんの
強くて温かい想いが込められた種です。

アイジーコンサルティングは本社を含め、
15箇所に事務所やショウルームがあります。
この夏、横浜・静岡・愛知・岐阜のあちこちで
黄色くて明るい元気なひまわりを咲かせて、
そして地域の皆さんにこの想いを伝えていこうと思います。

あなたも、この夏ひまわりを見かけたら
はるかのひまわり を少しでいいので思い出してください。
そしてこんな活動があるんだよ。と教えてあげてください。


耐震補強について知りたい方 詳しくはここをクリック★
診断士がわかりやす解説 診断士ブログはここをクリック★
床下の湿気やシロアリが気になる方 詳しくはここをクリック★



posted by bristo_shizuoka at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

1軒でも多くの住宅の耐震性向上に全力を上げねばならない…

今日は仕事帰りに、映画『ありがとう』を観ました。

阪神大震災  地震 建物が壊れるという惨さ 炎 被災した人々 家族 命

前半は震えと涙が止まりませんでした。

瓦礫の下から家族の声がする。
でも炎がすぐそこまで迫っている。
ごめんね… 許して…

そんな悲しい出来事があちこちで起きていたかと思うと…。
でもこれがTVでは伝えきれなかった事実であり、東海地区に住む私たちが遭遇するかもしれない(間違いなく遭遇する)現実なのです。

東海地区にお住まいの皆さんにぜひ観てほしいと思いますし、観なければいけない映画だと感じます。

でも勘違いしないでください。
この映画は、ただ地震の恐ろしさだけを謳ったものではありません。

想像もできない事実に遭遇したときに、どのようにして気持ちを切り替えて、前向きに生きていくか。
とても大切なヒントを与えてくれています。

●●●キーワードは●●●
【 生きてるだけで ありがとう 】

なんだか映画の宣伝のようになってしまいましたが、それも間違いではないかも知れません。
どうかご家族みなさんで観てください。
↓↓↓
http://www.arigato-movie.jp/

地震はやっぱり恐いです。
でも命さえ助かれば、何でもできそうな気がします。
この映画に出会えてとても幸せでした。

私たちが取り組んでいる仕事の意味を再確認できました。
ぜひこちらも見てください。
posted by bristo_shizuoka at 22:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 会社理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

創業6

法人組織になり、東海道の主要な場所に営業所を開設してきた3代目「井上裕剛」。

その後、1996年に「井上剛一」が4代目に。そして事業領域を 「シロアリ駆除」から住環境全般に拡大することになります。

4代目井上剛一

↑4代目井上剛一

快適な住環境事業の創造を通じて社会と社員の生活向上に貢献する』 を企業理念として掲げ、住宅メンテナンス事業、リフォーム事業、耐震事業、リユース事業を展開し、分社化します。 そしてそれらのポータル企業というべきアイジーコンサルティングを設立し、その後、グループ企業のそれぞれのノウハウ・事業基盤を統合し、 確固たる企業に成長させ、2004年にはグリーンシート市場に上場するまでになりました。

さらに2006年には新築事業を立ち上げ、新築から始まりメンテナンス・耐震・ リフォームという住宅の総合的なサービスを一貫して提供できる、 一級建築士事務所の住環境コンサルタントという所まで変貌を遂げます。

これからも益々研鑽し、常に上を目指し、快適な住環境事業の追求をし続けていきます。

 

 

 

 

 

 

>白蟻駆除・ 予防、100年の実績。

posted by bristo_shizuoka at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

創業5

精力的に白蟻駆除をしていく中で、 現在の本社所在地である静岡県浜松市に拠点を移すことになった2代目「井上芳良」。

その後、1969年に「井上裕剛」が3代目になります。

浜松に白蟻駆除拠点を構えた頃の新聞広告

↑当時の広告 昭和49年5月5日 中日新聞より

そして、1975年に法人組織として株式会社井上白蟻研究所が設立され、「井上裕剛」 が初代の代表取締役社長に就任します。

井上白蟻 3代目

↑3代目井上裕剛 昭和51年5月9日 静岡新聞より

この頃から、他社の白蟻駆除会社が増えてきたようです。しかしながら、既に70年以上の白蟻駆除、 施工実績があることから、「これらは信用がもたらしたもので、業界最古の伝統を誇り、 社員一同プライドを持ち社会に貢献する心を忘れず、絶対なる信用を確立し続け、一致団結し益々研修を重ね会社発展の為、奮励努力していこう」 というメッセージが井上裕剛より発信されていました。単に過去の実績ばかり見ているのではなく、 今後も研鑽し続けて行こうと目線は常に前に向いていました。

また、「社訓と社員の心得規定」、「シロアリに関する知識概要と応対のポイント」という、いわばマニュアルを作成し、 品質のさらなる向上・社員の意識統一をしていくようになります。

社訓とシロアリ知識マニュアル

今の我々にも当てはまる言葉で背筋が伸びる気持ちになります。

 

 

 

 

>白蟻駆除・ 予防、100年の実績。

 

posted by bristo_shizuoka at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

創業4

熱海に移った2代目「井上芳良」、当時は白蟻の専門家が少ないため全国から声がかかり、 巡回する事もあったようです。

このことから数多くの施工を経験したことになりますが、その中に羽衣の松で有名な美保の松原(並びにその周辺地域) が白蟻被害にやられてしまい施工をしたようです。

美保の松原、白蟻の駆除

↑美保の松原一帯を施工した井上芳良。昭和35年4月23日、静岡新聞より

このように、貴重な文化財を施工した例は他にもあり、他には「名古屋城天守閣」 「和歌山城天守閣」「鎌倉鶴ヶ丘八幡宮」 「鹿児島照国神社」「京都西本願寺」 等があります。

他にも多数、施工した有名な建造物があります。文献には載っていないのですが、旧沼津御用邸(現・沼津御用邸記念公園) も施工したとされています。

白蟻施工 記事1

↑民家(鉄工所)から巣を撤去 昭和35年7月18日 静岡新聞より

白蟻施工 記事2

↑小学校から巣を撤去 昭和29年8月10日 静岡新聞より

白蟻施工 記事3

 ↑舞阪にてイエシロアリの巣を撤去 昭和29年8月10日 静岡新聞より

画像が古くてすいません。当時は白蟻の認知度が低かった事もあり、 このように巣が出てくるとびっくりされて記事にもなったようです。

昔も今も、建物を守るため普段目の着かない所ですが、誠意を持って施工する事は変わり有りません。

 

 

 

>白蟻駆除・ 予防、100年の実績。

 

 

 

posted by bristo_shizuoka at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

創業3

創業3

明治32年に創業し、 白蟻駆除について研究を始めることになった初代「計左次」。このとき、鹿児島からの出発となりました。

その後、「井上芳良」(初代の弟との文献もあります)が台湾に渡り白蟻駆除に関するさらなる研究を追求します。

台湾では既に白蟻の研究が進んでいて、大島正満博士の防除法と、白蟻の権威と言われていたウィリアム・ボーラー両氏の防除法を学び、 薬学的な施工技術を身につけて福岡に拠点を移すことになります。残念ながらこれ以上の文献・資料が無く詳細を知ることは出来ませんが、 精力的・ダイナミックに活動していたことが推測出来ます。

さらに、東京に拠点を移し、「井上芳良」が2代目へ。戦後は熱海に移ることになります。

井上白蟻2代目井上芳良

↑白蟻の被害にあった熱海梅園の老木について語る2代目井上芳良。(昭和36年1月24日 朝日新聞より)

 

 

 

 

白蟻駆除・予防、 100年の実績。

posted by bristo_shizuoka at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

創業2

創業後援者

↓は後援者の方々の署名です。もうすでに原本は見つかりませんが、その写真のデータのみ残っていました。

井上白蟻研究所の後援者

写真中央の千駄ヶ谷が市外となってることも凄いですが、徳川家の名前があります。島津家も。公爵・侯爵とのことですので 「華族制度」!やはり歴史感があります。

昔のことではありますが華族の方々もいらっしゃる後援者の皆様に迷惑を掛けぬよう、また、 白蟻駆除の創業の理念を汚さぬよう、精進・邁進してまいります!

 

 

 

白蟻駆除・予防、 100年の実績。

posted by bristo_shizuoka at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

創業

創業明治32年!

私が勤めている会社の創業明治32年(1899年)で、 100年以上も前の事になります。

明治32年というと想像がつかないので少し調べてみると当時の新聞がインターネットで公開されていました。

↓※ 掲載まずかったらご連絡下さい。↓

明治32年の新聞1(東京大学総合研究博物館画像アーカイヴス様より)

ちょっと見づらいですけど、記事欄ではなく広告系のページらしいですが、徴兵保険という会社の広告や、 米国産紙巻煙草ゴールドコイン五銭とか。こうやって見ると歴史を感じます。

この当時、日本にはシロアリ駆除という考え方はなく、木造の家や橋、 鉄道の枕木が白い虫によって腐ってしまうのを何とかできないかと、 創業初代になる計左次が社会的な使命に駆られてシロアリ駆除の研究を初めたのが創業の原点だったようです。 この純粋な精神をしっかりと受け継いで、日々努力していこうと改めて感じました。

 

 

 

 

 

 

シロアリ駆除・予防、 100年の実績。

posted by bristo_shizuoka at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。